稼ぐために休む、旅する、1000のアイデア

ネカセギ

クッキング ライフスタイル

こね要らず!【サワードウ】グルテンフリーパンの作り方

サワードウ (sourdough)ブレッドの作り方をご紹介します。

サワードウ (sourdough)=天然酵母で発酵させたパンのこと

 

 

グルテンフリーのパンを作るには、前回作ったサワードウ (sourdough)のスターター(酵母種)を使います。

シピ(用意するもの)

  1. スターター 75g
  2. 水 175g 1+2=250gにする
  3. 小麦粉(強力粉)200g
  4. 全粒粉(オーガニック )50g 3+4=250gにする
  5. チアシード 大さじ2
  6. 砕いたクルミ 大さじ1〜2
  7. サンフラワーナッツ 大さじ1
  8. フラックスシード  大さじ1 (6-8のナッツ類はお好みで)
  9. 塩 2.5g  (ふたつまみ)

 

まだサワードウ (sourdough)を作り始めた当初は様々な小麦粉でチャレンジしました。始めた頃はスターターもオーガニックの全粒粉を使用していて、使いやすかった全粒粉は「オーサワの完全粉」値段もおてごろだからいいなーと思っていたけど、最近近所のオーガニックショップで見当たらないので、別ブランドをネットで買っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パン全体に使う粉は業務用でない限り、小麦粉ってそんなに安くないんです。余り高価な粉でパンを作ると、市販のパンを買った方が安くつくということに気づきました。だからと言ってどこでも手に入る「日○製粉」は健康に気を付けているのでパス。最近はSHOWAのクオリテ(スーパーで一番安かった)をメインの粉に使っています。

 

作り方

 

1)ボウルにスターターを75g入れます。そこに水175gを入れ、スプーンでよくかき混ぜます。

時間が経つと沈殿するので、手際良くしかもよーく混ぜること

 

2)強力粉と全粒粉を別のうつわでよく混ぜておきます。以前、別の粉同士を余り混ぜずにスターターと一緒にしたら、パンが膨らみませんでした。何事も失敗から学びますね。

 

3)沈殿物がなくなるまで水とスターターを混ぜたら、チアシードとナッツ類をここに入れ、再度かき混ぜます。

 

4)2でやった、強力粉と全粒粉を混ぜたものを3に加えます。最後に塩も加え、ここでもまたよーく混ぜます!

 

5)乾いた布やフキンを上から被せます。ホコリや虫などから守るため、私は太めのゴムで布を止めています。

6)約1時間後にボウルの中の生地をヘラやスプーンでこねます。普通のパン作りのように台の上で両手でこねる必要はありません。この作業をKneading! といいます。メルボルンにいたころ、シルビアが「そろそろKneadingしなきゃ」と良く言っていました。

7)できたらさらに約1時間後に同じ作業、Kneadingをします。かなり生地も馴染んで伸びが良くなってきました。終わったら、乾いた布を再びかけて放置。約10〜14時間ほどひたすら放置!

サワードウ (sourdough) だとパンを作る工程が本当に簡単!忙しい主婦の方やずぼらな私でも楽にできちゃうのです。

 

8)現在オーブンのない生活なので、友人からいただいたツインバードホームベーカリーHBで焼いています。設定は7-4にして40分。終わったら私は焼き色を付けたい派なので、更に追加で10分焼き、トータル50分で完成です。

 

 

ホームベーカリーの底に「羽」がありますが、私が作っているパン作りの工程では「羽」は使いません。生地をHBに入れるまえに羽を取り、少量のオリーブオイルを底に塗っています。そうすることにより、焼き上がりのパンが取れやすくなります。

9)HBから取り出したパンは荒熱が取れるまでネットなどの上で冷まします。1〜2時間経過後、パンが少し縮んで温度も覚めてきたら好きな幅にカットして食べて下さい。私はドイツのライ麦パンのような薄切りが好きです。

 

-クッキング, ライフスタイル

Copyright© ネカセギ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.