稼ぐために休む、旅する、1000のアイデア

ネカセギ

クッキング ライフスタイル

【サワードウ】グルテンフリーパンの作り方(失敗例)

当時はパンもスターター作りも初めてだったので、全粒粉+水、全粒粉+強力粉half&half+水、強力粉+水、などといろいろなタイプのスターターを作って実験しました。

ただ8月の真っ只中、温度計は36度を優に超えていたころ、しかもスターターが馴染む前に1週間ほど外出してしまい、冷蔵庫の中に入れっぱなしでエサやりを忘れてしまい、結局スターターたちは無残にも死んでしまったのでした。

 

これがサワードウ (sourdough) スターターの失敗例です。

上が濁った黒い水、下は小麦粉です。完全に分離されてしまいました。

瓶の上から見るともっと不気味です。

この時いろいろなブログを読んだのですが、中には上の黒い水を取り除けばスターター作りは続行できると書かれていた方もいました。

生きた元気な酵母菌のバナナみたいな甘ったるい匂いがしません。なんとなく腐敗臭っぽい匂いだったです。何か選択する際に「匂い」って一番ピンとくる感覚機能だと思うので、自分の感覚を信じました。

 

うーーーーーん、、、

味と健康とグルテンフリーを目指して作るパンの種に不安感を抱きながら、このスターターをずっと使い続ける自信がない。ということで敢えなく断念。

-クッキング, ライフスタイル

Copyright© ネカセギ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.